1. HOME
  2. 創業秘話

理念

「食を通して支援」
素材の滋味をいかした食品をお作りし
社会のお役に立てるように取り組み
少しでも多くの方の一助になれるように
誠心誠意努めて参ります

店主 濵口 淳吏
兵庫県明石市生まれ。食の専門学校卒業後、大学でマネジメントを専攻。飲食・給食・食品製造業などの勤務を経て、濵口商店創業。食を通して支援できるように努めています。

資格:栄養士、調理師、製菓衛生師、料理技術検定上級、食生活アドバイザー、フードコーディネーター、全国料理学校協会助教員、他(全十数種類)

店主の濵口はもともと野菜嫌いでしたが、飲食店に行って調理・加工されると、苦手だったはずの野菜でも美味しく食べることができました。また、食の専門学校で学び食の業界で働く中で、現代人の野菜不足が深刻な問題になっていることを知りました。この問題に対して少しでも貢献し、"食を通して支援したい"という想いを抱くようになりました。

濵口商店創業

食の道に進んでいた20代の頃、東京に行ったときに、サラリーマンや家族連れのお客様が、ジューススタンドで嬉しそうに栄養補給をする光景を目にしました。これなら、老若男女問わず野菜を手軽においしくお召し上がりいただけると思い、店舗を開業する事を決意しました。そこで経営を学ぶ必要に気づき、飲食店で働きながら大学でマネジメントを勉強。様々な経験を積み重ねた後、商店街の一角に小さなお店を構えました。

開店したジュース店では、野菜を摂りたくても毎日食べることができずに困っている方が想像以上に多いことを実感しました。しかし、当店のジュースは注文が入ってから1杯ずつおつくりした出来たてを提供しているので長時間の保存が厳しく、直接来店していただく必要があります。そこで、ふだんの食事に栄養や旨みを手軽に愉しくとり入れていただこうと開発したのが野菜粉末「さらだ粉」です。常連さんとの会話から開発をするきっかけになり、周囲の方々からいただいた貴重なご意見も参考にして、食品づくりに取り組みました。

開発では、粉末は野菜が乾燥して凝縮されている状態ですので、配合比率が1%違うだけで食味が大きく変わってしまう難しさがありました。余計な物は一切使用せずに、数種類の野菜だけを配合して理想の味わいにする事が想像以上に大変でしたが、食の業界で蓄積してきた長年の経験を基に、 1年以上の構想期間と約300回の試作を重ねて、独自の配合率と丁寧に手作業する調理技法の工程を取り入れることで納得のいくものができました。

様々な用途でご利用いただけるように、さらだ粉のサイズ展開や種類を増やす他、乾燥野菜や乾燥果実の製造など、農産加工品で微力ながら野菜の補給や消費拡大に繋げて、食の健康協力店の登録や健康増進事業の協賛をはじめ、食品ロス削減や地域野菜を活用した商品開発などに取り組んでいます。
また、正直なものづくりを誓い、丹精込めておつくりしています生産品と宣誓書を伊勢神宮外宮に奉納させていただきました。
これからも創業当時の”食を通して支援したい”という想いを大切に、様々な食関係の事業に関わることで、少しでも多くの方の一助になれるように努めていきたいと思っています。